Main Menu
Menu -2015 Spring-
言語/Language
Search (Japanese Only)
協力サイト
eventmesh
Caution
You cannot sell X-rated items, sorry.

ゲームマーケット大賞の創設について

「ゲームマーケット大賞」の目的

 2000年4月に、400人の来場者にてスタートした「ゲームマーケット」は、2014年6月に開催された「ゲームマーケット2014春」において、6500人の来場者を数えるまでに発展しました。

 回を重ねるごとに盛り上がっていくアナログゲーム・シーンに対して、さらなる盛り上がりに貢献すべく、今回「ゲームマーケット大賞」を発足させることとしました。

 選考の基準は「面白い作品であること」です。
「面白い」の基準は千差万別ですが、なるべく多くの「ゲームマーケット来場者」に満足いただけるような作品を選ぶ方針です。

 アナログゲームをデザインしている方々の励みになるような賞でありたいというのはもちろんですが、あまりアナログゲームを遊んだことがないという方が、「『ゲームマーケット大賞』受賞作だから買ってみよう」と思えるような、そういう指針となることも希望しています。

「ゲームマーケット大賞」が、日本国内のアナログゲーム・シーンのさらなる活性化に寄与できることを願っております。

「ゲームマーケット大賞」の選出方法

●概要

「ゲームマーケット大賞」は、原則として1年に1作品が選ばれます。
 前年の「ゲームマーケット秋」から対象年の「ゲームマーケット大阪」「ゲームマーケット春」が対象の期間となり、そのいずれかにおいて販売実績のあったゲームが対象作品となります。
 それらの中から数点の「優秀作品」を選んで、その年の「ゲームマーケット秋」のカタログにて発表し(同時にwebサイトでも発表)、「ゲームマーケット秋」のイベント当日に大賞を発表して授賞式を執り行う予定となっております。
 これを1つのサイクルとし、またその年の「ゲームマーケット秋」から翌年の「ゲームマーケット大阪」「ゲームマーケット春」で発表された作品が、翌年の「ゲームマーケット大賞」の対象となります。
 具体的に言えば、「ゲームマーケット2014秋」「ゲームマーケット2015大阪」「ゲームマーケット2015春」にて販売された作品が、「ゲームマーケット大賞2015」の対象作品になるということです。
 対象となる作品の詳細と、選定方法の具体的な方法は下記を参照してください。

●対象となる作品

 対象となりうる作品は、次の条件を満たした作品となります。なお、対象作品について応募をしていただく必要ありません。
・対象期間中のゲームマーケットで発売実績のあるアナログゲームであること。
・オリジナル作品であること(版権テーマのものは対象外となります)。
・ゲームマーケットでの販売が初出となる新作であること。
・基本ゲームとし、拡張セットは含みません。※1
・リメイク作品は、新規のルールが存在していれば、対象となります。※1
・TRPG、TCG、ウォーシミュレーションゲーム、伝統ゲームは対象外となります。TRPG風、TCG風などのボードゲームは対象となります。※1
・ゲームデザイナーや発売元の国籍は問いません。また個人/法人の区別はいたしません。※1
・主宰であるアークライトが発売したゲームは対象外とします。

※1 最終的な判断は、ゲームマーケット事務局が行わせていただきます。

●選定の流れ

「Table Games in the World -世界のボードゲーム情報サイト」で行われている「ゲームマーケット新作評価アンケート」を、「ゲームマーケット大賞」の一次審査として公式に利用させていただきます。
 そのアンケート結果における平均点上位の5作品(大阪は3作品)と、投票数の上位5作品(大阪は3作品)は、自動的に「一次審査通過作品」となります。
 そこに審査員の推薦作(あれば)を加え、最終的に30作品ほどが「一次審査通過作品」として選出されます。

 その30作品の中から、審査員とゲームマーケット事務局の審査により、10作品ほどを「二次審査通過作品」として選出します。

 その後、審査員が「二次審査通過作品」を慎重に審査し(三次審査)「優秀作品」を選びます。その結果は「ゲームマーケット秋」のカタログにて発表します(同時にwebサイトでも発表)。

 そして「ゲームマーケット秋」のイベント当日に、「ゲームマーケット大賞」授賞式を行います。
 授賞式の中で改めて「優秀作品」を表彰し、「優秀作品」の中から最終的に選ばれたその年の「ゲームマーケット大賞作品」を発表します。

「ゲームマーケット大賞」の副賞

 受賞者には、次の副賞が与えられます。

●ゲームマーケット大賞

 翌年の「ゲームマーケット」(大阪、春、秋のうち希望する1回)において、企業ブースを出展する権利、および授賞式出席のための交通費。

●ゲームマーケット大賞・優秀賞

 翌年の「ゲームマーケット」(大阪、春、秋のうち希望する1回)において、一般ブースを出展する権利(企業ブースを希望される場合はその差額のみの入金でご出展可能)、および授賞式出席のための交通費。

※応募多数により一般の出展申し込みについて抽選が発生した場合も、受賞者は優先的にご出展することができます。

「ゲームマーケット大賞」の審査員

 下記の方に審査員を務めていただく予定です。公正な審査のため、ボードゲームなどのゲームデザイナー、流通関係者、ゲーム販売元の方のいずれにも属さない方々に依頼させていただきました。

審査員長

草場純
ゲーム研究家。ゲームマーケットの発起人であり、創設者。『夢中になる! トランプの本』(主婦の友社)などの著作もある。

審査員(50音順)

秋山真琴
アマチュアでは国内最大規模(毎回の参加者は100人以上)のボードゲームイベントである「ミスボド」(http://mysboard.hatenablog.com/)の主催者。

小野卓也
ボードゲームの情報を扱うサイトとしては国内屈指のview数を誇る「Table Games in the World -世界のボードゲーム情報サイト」(http://www.tgiw.info/)の管理者。

朱鷺田祐介
TRPGデザイナー/ライター。日本最大級の総合ゲームサイト「4Gamer(http://www.4gamer.net/)」にて、ゲームマーケット紹介記事を執筆。

公正な審査のために 〜「ゲームマーケット大賞」におけるアークライト(ゲームマーケット運営者)の立ち位置〜

●アークライトの商品について

 アークライトから発売された作品は、「ゲームマーケット大賞」の選考対象から除外いたします。ゲームマーケットにて発売された際、アークライトから発売されていない作品であっても、賞の発表までにアークライトから発売されることが決定した作品は、その時点で選考の対象外となります。

●ゲームマーケット事務局の関与

 ゲームマーケット事務局は、関係各所への連絡などを担当します。
 また、「一次審査通過作品」から「二次審査通過作品」を選ぶ際、審査員に意見を伝えます。
 基本的には、それ以上選考に関与することはありません。
「一次審査通過作品」は「Table Games in the World -世界のボードゲーム情報サイト」で行われている、ゲームマーケット新作評価アンケートで半ば自動的に選ばれます。「二次審査通過作品」から「優秀賞」を選ぶ際の審査や、「優秀賞」から「大賞」を選ぶ際の審査には、一切関与しません。

●「ゲームマーケット大賞」受賞作品と主催者の関係

 ゲームデザイナー(受賞者)は、ゲームマーケット大賞・優秀作、あるいはゲームマーケット大賞受賞作となった自分の作品を、どのメーカーやショップと協力して商品化・販売するか、完全な自由が保障されます。

 主催者であるアークライトも「ゲームマーケット大賞」の受賞作品に対し、いちメーカーとして、商品化やリメイクのご相談をさせていただく場合があります。
 しかしながら、「ゲームマーケット大賞」受賞作品に対し、アークライトはいかなる特別な権利も有しません。優先的な契約権などを持つこともありません。

「ゲームマーケット大賞」は、あくまで日本国内のアナログゲーム・シーンを盛り上げ、関係者すべてに恩恵があるようにとの理念で創設するものです。
 参加者が5000人規模を超えたことから、ゲームマーケットが中心となって、世界に誇れる日本発のアナログゲーム賞を創設するという責任を果たしたいという意図もあります。
 アークライトは、ゲームマーケットの主催者であるという立場上、賞の運営に携わりますが、上記のとおり、審査にはほとんど関与いたしません。もちろん、自社作品を喧伝するためであったり、有望デザイナーを青田刈りすることを望んではいません。ご理解いただけたらと思います。
 ゲームデザイナーの皆さんが切磋琢磨し、世界に宣伝するためのひとつのきっかけとなること、そしてゲームを遊ぶ皆さんが、無数の作品の中から遊ぶゲームを選ぶ際の、ひとつの指針になることを願っています。


  Top of contents  
ご出展のみなさまへ 出展ブース・ホールマップ 交通・アクセス ホーム コンタクト ゲームマーケット2015春 - GameMarket 2015 Spring ゲームマーケット2015大阪 - GameMarket 2015 Osaka